自力でPC修理をする為に必要なこと

パソコンは一種の消耗品であり寿命は多く使う場合は3年から数年ぐらいとされています。保証期間もメーカーやブランドによって異なりますが1年の場合が多いとされています。もしこの期間を過ぎると保証がききませんので修理代金は高額になることは覚悟しておいた方が良いものです。パソコンは複数のパーツによって組み立てられています。従って自作パソコンなどの組み立て経験があると故障箇所の発見も簡単な場合もあります。故障した場合にPC修理を行うにしてもマザーボードのようにパーツがその時点で揃うものと年月が経って揃えるのが困難なものがあります。デスクトップ型は空間も広い為に修理もし易いと言えますが、ノートパソコンはこれが混み入っていて修理困難な場合が多いものです。

パソコンの故障の原因を特定するのが先決問題となります

OSの再インストールで故障と思われていた問題が解決する場合もありますが、この方法も熟知していなければ素人にとっては難しい場合があります。起動ドライブのHDDに問題がある場合ということもありますが、これは古いことが原因で新しいものに取り換えが必要という場合もあります。メモリーは追加したりする機会もありますが、パソコン独自の形式に対応しているものであり調べる必要があります。大抵の場合は半永久的に持つとされ、たまに刺さり具合が緩くて不具合が起きることもあります。パソコンは1台しかないと故障かと思った場合にサイトで検索することが出来ません。2台ある場合にはそこで故障原因が見つかる場合もあります。パソコンには世界的な大手ブランドの製品やショップブランドが販売しているものもありパーツも一般的で故障したパーツが分かれば同種のものを注文して取り換えればPC修理できる場合もあります。

難しい場合は専門業者に依頼するか中古品を購入する手があります

パソコン環境はそれぞれに違い、故障の原因も異なります。もし故障の原因が水没などの場合にはなかなか精密な内部構造である為にテストを行って見ないと悪い部分を特定することはできないものです。スペックが同等のものを中古品やオークションで手に入れるという方法をとった方が安上がりになる可能性が高いものです。中古品を購入する場合にはパソコン本体やパーツも多く扱い故障などにも対応しているショップを見つけるのがポイントになります。最新のものを求めるのでなければ結構中古品の種類も揃っているものでリカバリーCDもつけてくれて割合安上がりの製品を手に入れることが出来ます。PC修理に出す場合にはそれまでにHDDも相当使い込んでいる可能性もあり、起動ドライブは新規の大容量のものに取り替えておく方が長持ちする秘訣にもなります。